医学部受験を完勝するために(3)

2014年5月26日

その3:小学校時代に何をしておくべきか(その3)

(1)中学入試は決してゴールではない

前回において私は、医学部に進学実績の高い私立中学の入試問題が変貌してきた背景には、医学部における将来的に望まれる医師像がある点を理解していただくことでモチベーションアップに繋がる点に関して述べました。そこで今回は、この点を受けて小学生時代から将来を見据えて、医学部入試に完勝するために必要な別のポイントについて述べていきます。

すでに医学部受験に関しては、高いハードルを越えていかなければならない状況や、それが中学入学後において6年間の長きにわたる実情について説明いたしました。今回は、これから医学部受験を完勝することを目指すに当たり、来るべき中学受験おいて確認しておきたいことを述べていきます。それは、合格後の6年間という長い時間における勉学への取り組み姿勢に関する内容です。

この点に対して保護者や生徒諸君にとっては、「まだ志望中学の入試にも合格していないのに早すぎる」という声も聞かれそうですが、実はそうではありません。それは、端的にいえば中学受験は決してゴールではないという点です。むしろ、入学してからが本当の勝負であるということを最初に確認しておかなければ、受験だけでバーンアウトしてしまう可能性もあると思ってください。今回は、そのための確認です。

(2)中学・高校生の6年間は思春期と重なっている

6年間は長丁場です。これは保護者の方に特にお願いしなければならない点ですが、成人以上の立場から見る6年間と、中学・高校生のそれとは時間の重みがまったく異なるということです。といいますのは、子どもたちはこの6年間において、心身ともに大きく変わっていくからです。それは、いわゆる思春期を通過する時期であるということです。この間において、子どもは大人へと目覚めていきます。それは身体的な発達とともに、知的な発達が急ピッチで成し遂げられる6年間でもあります。いわば、自己形成の時期です。

発達心理学の知見を引けば、思春期は「私は誰?(Who am I?)」という質問に対して、「自分は自分である」ということに気づく時期であるともいえます。それは、身体的な発達である第二次性徴が契機となります。つまり、正確な自己像を発見することによって、「自分はこうなりたい、こうである」という自我同一性(アイデンティティidentity)を獲得する時期です。また、「やりたいこと、そのすべてを実現することはできない」という全能感の否定も起こります。このような知的な発達は心理学において「認知能力の発達」と称されますが、勉学にとっては「諸刃の剣」とも考えられます。それは、心情的にポジティブにもネガティブにもなりうる、ややこしい時期でもあるからです。つまり、このような認知能力の発達は、勉学上におけるモチベーションに大きな影響を与えるのです。したがって、この時期がちょうど6年間という医学部受験のための準備期にぴったりと重なっている点については重視しなければならないでしょう。では、どういった対応が必要なのでしょうか。

(3)成功体験の積み重ねが大切

まず大切なことは、この6年間においては、成功体験を数多く積み重ねることをお勧めいたします。と同時に、失敗体験に関しても対処の仕方、乗り越えるための気構えなどを学んでおくべきです。具体的には、中間テストや期末テスト・学年末テストにおいて満足できる成績をとり続けることです。この点に関しては直接的には医学部入試と関係ないように思われがちですが、それは大きな誤解です。そこで、次にこのことについて説明していきます。

これは特に難関私立中学に入学した生徒諸君に多い傾向ですが、成績不振に陥るケースがあります。つまり、地元の公立小学校では常に好成績を収めていたのに、晴れて志望中学に入学した途端に成績が下位の方になってしまうという状況です。しかし、この点については当然といえば当然です。それは、公立小学校では学力到達度や順位というような精度の高い学業成績を明確に保護者や生徒に提示することはなく、また最初から難関私立を志望している生徒諸君にとって小学校の成績自体はあまり気にならなかったからでしょう。また、これも当然ですが公立小学校では受験合格を目指した勉強は一切行われません。この点でも、学校での成績については無頓着にならざるをえないと思われます。そのため、難関校合格をターゲットにしている生徒諸君にとっては有名大手塾の公開模試の成績に一喜一憂するのが精いっぱいだったのではないでしょうか。しかしながら、今度は違います。生徒自身がほぼ毎日通学している学校の成績が、定期テスト等でははっきりと突きつけられるのです。

そして、難関校に入学すればこれもまた当然すぎることですが、周りのクラスメートもよく勉強ができます。同じ難関受験を潜り抜けてきたライバルたちですから当たり前ですが、多くの保護者や生徒諸君は定期テスト等の成績表を見るまでは、実感が沸かないというのが実際のところらしいです。これは、私の教え子の話ですが、無事灘中に合格したのはよいが、一学期の成績順位では下から数えた方が速かったそうです。彼は、それを「灘中ショック」と呼んでいました。決して笑い事ではありません。これは、別にトップクラスの私立中学にだけいえる現象ではないでしょう。なぜなら、いま現に生徒諸君の通っている私立中学は同じレベルの入試を突破してきたわけですから、力の拮抗は当然の結果なのです。

さらにいえば、私立中学では義務教育段階で既に高校内容の学習単元が下りてくることが一般的です。例えば国語では古文において、中二段階で用言の活用を習います。学校によっては、これが中一段階になる可能性があります。いずれにせよ、古文用言の活用は公立中学校ではさらっと流す程度にすぎません。かかる私立中学の学習課程の目的は、いうまでもなく高二段階ですべての学習単元を終えて、高三では入試対策に特化した授業を展開するためでしょう。むろん、公立中学のように土曜日が休みということもありません。夏期休業日も公立中学よりもはるかに少なくなっています。

ゆえに、このような状況下で成績不振に陥れば、もう医学部受験というレベルの話ではなくなってしまいます。モチベーションも当然下がってくるでしょう。否、それ以前の問題として、通学や授業そのものが憂うつになってしまうのではないでしょうか。ここに、前述のごとき「やりたいこと、そのすべてを実現することはできない」という全能感の否定が起こりますが、それが極端に拡大してしまえば生徒は非常に苦しい現実に立たされてしまいます。これが中高年の大人であれば、適当に自分をごまかすこともできるでしょう。しかし、思春期の生徒諸君では、そんなに軽く片付ける術を持ちません。前記のように、正確な自己像を発見することによって、「自分はこうなりたい、こうである」というアイデンティティを獲得する時期ですから、自己評価も厳しくなる可能性が高いでしょう。まして、医学部を受験し、かつ合格するという高いハードルがあるわけですから、他の学部志望の生徒諸君より一層事態は深刻であるといえます。そういうわけで、思春期における認知能力の発達は、まさに勉学にとっては諸刃の剣です。

(4)医師という仕事を選ぶに際しての動機付けの確認が大切

したがって、私立中学に入学した生徒諸君は、定期テスト等に対してしっかりと勉強のスケジュールを立て、一回一回の試験を勝っていかなければなりません。こう書くと「大変だなぁ」と最初から嫌になってしまいそうですが、そこは、否、それこそポジティブ思考を存分に働かせてください。すなわち、一回一回のテストが医学部入試のための練習であると捉えていくことです。周囲が皆同等かそれ以上の能力を有するライバルですから、練習の相手としては決して不足はないはずです。すなわち、役不足ということはないと思います。そのような数々の場面にて成功体験を積み重ねることで、自己評価もしだいに高められていくことでしょう。むろん、満足できない成績の出ない場合もあると思います。しかし練習ですから、この時を鋭く捉えて、失敗体験に関しても対処の仕方、乗り越えるための気構えなどを学んでおくべきです。その際には、保護者の方からの適切なアドバイスが功を奏すると思います。

ただし、この時期には思春期独特の反抗期というものがありえます。そこで、このような場合において威力を発揮するのは、医師という仕事についての動機付けでしょう。何のために医学部を目指し医師という仕事を選ぶのか、という点について小学校の時期から固めておくとよいでしょう。この点に関しては、1回目において私が述べたことも参考にしてください。すなわち、いわゆる受験勉強の中で、今行っている勉強がそのまま将来の仕事に直結しているのは、医学部受験だけであるという点です。このようなこの点を思えば、今真摯に勉強に励んでいる自己自身はとても恵まれていると思ってください。

それでは、次回はまた別の観点から、医学部受験を完勝するためのポイントについて解説していきます。

このエントリをつぶやくこのエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:医学部受験のツボ

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

このページの先頭へ