中学受験

中学受験の目的を一つに絞ることはできませんが、保護者の皆様にとってお子さまの将来設計をお考えになる上で、一流といわれる大学に進学する場合に備えて、少しでも有利な学習環境を与えたいという点は共通しているのではないでしょうか。
有利な学習環境とは何でしょうか?学習環境にもいろいろあり、個人の好みもあって順位を付けることはできませんが、ひとつだけはっきりと順位付けできるものがあります。それが高校の大学合格実績です。近年は私立高校だけでなく、国公立の高校も詳しい実績数値を公表していますので実態がつかみやすくなっています。

近畿で国公立・私立の難関大学への進学実績が高い学校は、私立や国公立の中高6年一貫校と、公立のトップ高校です。(このうち公立トップ高校は中学受験では対象外です。)

私立・国公立の中高6年一貫の中学校では、選抜を行わない公立中学と比べて、選抜した優秀生だけを対象とする高度な学習指導を行うことができます。近年は中高一貫の中学向きに優れた教科書も発行されています。科目も細分化し、年間の授業時間数も多く、演習量を増やしています。3年間で基礎から大学受験対策までを行う高校に比べて、中高一貫校は基礎から大学受験対策までを6年間に配分できるので、高校後半に志望大学別の実戦的な対策に充てる時間を大きくとることができます。その結果が大学合格実績の数字で証明されています。特に最難関の国公立大医学部への現役合格率では中高一貫校が明らかに優位に立っています。

志望校をお選びになる際、最初のモノサシになるのが大学合格実績でしょう。続いて本人の学力、通学時間、校風、個人の好み等によって志望校が枝分かれしていくと考えます。したがって中学受験とは、大学合格実績の高い私立・国公立の中学校の中から、生徒本人の将来に役立つ最良の学校を選択して挑戦させることだと言えるのではないでしょうか。

国公立大 医学部・医学科合格者

高校名の△印は国立、◎印は私立、無印は公立を表す。

実績の例

●医学部の合格実績が高い高校(近畿圏)
灘・甲陽・東大寺・西大和・洛南

●東大京大の合格実績が高い高校(近畿圏)
灘・洛南・東大寺・西大和・甲陽・洛星

●系列大学へ推薦入学できる高校(近畿圏)
同志社・関西学院・立命・関西大学

未来の可能性を高める中学受験

小学生に厳しい受験を課すのは酷だと思われるかも知れませんが、後がなくやり直しが利かない高校受験ではどうしても安全重視の受験校選択をするしかありませんが、やりなおしの効く中学受験なら、思い通りの高い目標に向かって挑戦できるわけです。努力した分だけ中学受験後の本人の可能性が高まると考えれば、中学受験のメリットをぜひ活かすべきでしょう。

お子様の進路設計として、私立中学進学は考えないが大学合格実績が高い地元の公立トップ高校に進学させたいとお考えの保護者の方にも中学受験をお奨めします。ご両親の世代と事情が違って、近年は公立トップ高校へ進学するにも中学受験の影響が大きくなっているからです。詳しいことは省きますが、公立トップ高校に合格するには、中学3年間を通じて全教科の総合成績を常に学年トップに維持することが必要です。これはたいへんなことです。これを実現するには、中学進学前に圧倒的な学力優位を築いておくことが不可欠です。それには中学受験の学習システムを活用して学ぶのが一番確実な方法なのです。

今や公立トップ高校の合格者には中学受験の名門進学塾に通っていた生徒が多いのは言うまでもありません。しかも成績は最上位クラスだったという生徒も少なくありません。進学塾に通っていなくても、家庭学習においてプロ家庭教師ほかによって中学受験対策と同等の学習を修了していた生徒が多いのです。

難関中学に合格するために

(1)合格に必要な学力をつけるための学習システム(主に教材やテストのこと)
(2)中学受験を熟知し、講義や演習指導ができる指導者
(3)志望校や進路の相談に対応できる詳しい入試情報

少なくともこれら3点が必要になります。年々進化し複雑化している中学受験のうち、最難関から標準レベルまで、すべての中学受験について幅広い対応をするのは個人塾や小規模の塾では難しいところです。大手の中学受験専門塾なら最難関中学、準最難関中学、標準のようにコース分けされた学習システムを完備しています。塾を決定する際には大手塾、小規模塾、個人塾、個別指導塾、家庭教師、それぞれのメリットをよく比較検討されると良いでしょう。

ただし、ここで勘違いしやすいのでご用心ください。進学塾は志望校の合格に必要な学力をつけるシステムの提供を保証しているわけでして、進学塾内での個人成績のUPを保証しているわけではないということです。

大手進学塾には塾内の成績順位の競争を学力向上の糧と考えているところがあります。生徒の塾内の個人成績のアップ,ダウンによって、一年間に数回のクラス変更を行う進学塾はその典型例です。生徒本人はもとより保護者の方も定例テストの成績に一喜一憂することになります。

進学塾は同一コース(同一クラス)の生徒に対して平等に教育指導というサービスを提供しているわけです。したがって個人個人の塾内成績は塾の学習システムによって上下するものではありません。平等なのです。個人成績は、あくまで個人の学力と家庭学習のさせ方の違いが主因です。

本当は家庭での学習のさせ方を改善しないといけないのですが、塾内成績が下降し始めると、多くの塾では、塾で個別に補習を受けるように指示されます。保護者としてはありがたいことですが、そういった補習の中身は苦手テーマの問題演習の量を増大させるものが中心で、決してつききりで個別指導するわけではありません。個人塾の場合などは事情が異なるかも知れませんが一般的にはそうです。これでは個人の学習状況を根本的に改革するに至らないので塾内順位を改善するには到らないのが現実です。

また進学塾の多くは日曜日や土曜日に長時間をかけた志望校対策の特訓を設けて、これに参加することが学力増強につながると説明しますが、塾内順位の改善には直結していないことがわかるでしょう。

重ねて申し上げますが、進学塾での塾内順位のアップ・ダウンは塾の指導でなく、個人の学力と家庭学習のさせかたが主因なのです。したがって塾内順位を大幅に上昇させたり、成績下降を上昇に転じさせるには、塾内の指導とは別に、家庭学習の改革が必要なのです。

家庭学習の改革こそ、プロ家庭教師の専門分野です。

塾内順位や、個人の学力を大きく改善するには

(1)現状の分析結果から作成する(塾とは別の)個別の学習計画。
(2)進学塾の学習システムを熟知している経験豊かな個別指導者
(3)学習計画を実践するために必要な家庭学習の時間

これら3点が最低必要です。

家庭学習の指導者には学生の家庭教師を選択する方法もありますが確実性に欠ける点が問題です。特に成績が下降を続けている場合はプロ家庭教師による手当てを急がれるようお奨めします。いくら優秀なプロ家庭教師でも指導時間の確保が絶対に必要です。個別指導の場合は、かけた時間がそのまま個人の学力アップにつながります。

言うまでもありませんが、最良の選択は、プロ家庭教師による集中的な個別指導です。成績についてお困りの際は、塾にご相談なさるのも良いですが、一度、プロ家庭教師の本部にもご相談ください。プロ家庭教師の指導によって塾内成績が改善した多くの実績を下に、経験豊富なスタッフがお話を伺います。進学塾とは別の角度から分析したご提案がきっと解決のために役立つものと存じます。

中央受験センター

このページの先頭へ